本文へスキップ


電話でのお問い合わせはTEL.0226-22-1913

〒988-0042 宮城県気仙沼市本郷1-18

 新着情報


2024年04月01日
・4月の特売情報を更新しました。三陸産ひじきの人気は共同購入の数量からも圧倒的ですが、刻み昆布の独特な
歯ごたえが好きなリピーターも多く「三陸産すき昆布」を半切にせず全形のまま特売にします。商品はこちら

・新物ワカメの入札価格の高騰が止まりません
。よって新物茎ワカメ・乾燥カットワカメは価格改定となります。     ご理解の程、どうぞ宜しくお願い致します。商品はこちら

臨時休業のお知らせです
 4/11〜4/13まで都合により臨時休業致します。4/15月曜日から平常営業となります。

2024年03月01日
3月の特売情報を更新しました。震災から13年目の3月は防災用食品の缶詰です。備蓄品として長期保存ができ
 る「缶詰10缶オリジナルセット」を限定数量ですが値引きします。美味しいと評判の缶詰はこちら

・三陸産新物ワカメの初入札が2/27に開催されました。今季は高水温の為、ワカメの成長が遅れ例年より1週間遅い開催となり、また1月の南岸低気圧で刈り取り前のワカメが多大な被害を受け品不足で、上場された量が昨年の半減以下という厳しいスタートです。入札価格も1.4倍に跳ね上がりました。新物ワカメこちら

2024年02月01日

2月の特売情報を更新しました。気仙沼産の牡蠣がふっくら身も大きくなり美味しい季節を迎えていますその
 栄養を蓄えた牡蠣を原料にした
「気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース」を老舗ふかひれメーカーが製造しま
し た。
安心無添加の万能調味料です。商品はこちら 


2024年01月17日
・臨時休業のお知らせ
 
1/19-20の2日間は都合により臨時休業となります。1/22から通常営業致します。



2024年01月01日
                    謹 賀 新 年

 今年は辰年。気仙沼湾の入り口の岬に「岩井崎」という三陸復興国立公園があります。その公園内には、13年前の震災に奇跡的に残った「龍の松」と気仙沼出身の大横綱「秀の山雷五郎」の銅像が建っています。上のバナー写真でおわかりのように、松はまるで龍の頭に見えるので、「龍の松」と呼ばれるようになりました。津波に耐えた復興のシンボルのように、当店も海洋環境の変化による海藻の減少にも負けず、なんとか今年も耐えて、営業を続けていきたいと願っております。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新春の特売情報は、
「無添加荒削りとろろ昆布」のご紹介から始まります。当店の人気商品として、既に
 2種類のとろろ昆布を扱っていますが、さらに新商品として1種類加えてパワーアップします。
商品はこちら 


2023年12月01日
・12月の特売情報を更新しました。1年間の締めくくりの商品は「気仙沼ふかひれラーメン」4食セット。気仙沼ふかひれ専門店が製造した豪華ラーメン。ふかひれは気仙沼のブランド。人気のラーメンで大勢の人達に味わってもらいたい「ふかひれ」。特製姿餡付き。商品はこちら

・年末年始の営業のお知らせ
 今年もお世話になりました。来年もご愛顧の程よろしくお願い致します。
 12/30 営業   12/31-2024.1/3休業   1/4  新年の営業開始 
 

2023年11月01日
・11月の特売情報を更新しました。
物価高騰の折、お財布にやさしいお歳暮セット。当店の人気商品5種類を詰め合わせしました。「人気乾物セット5種」特に秋冬を意識した商品構成となっております。商品はこちら

・<秋の臨時休業のお知らせ
 都合により、11/9〜11/13まで休業致します。この期間中はご注文メールに返信することはできませんのでご了承願います。11/14から通常営業となります。

2023年10月01日
・10月の特売情報を更新しました。
今季の三陸産ひじきの入札が高騰し価格改定となります。現在庫限りでの
 旧価格販売となりますが、その中で「訳あり三陸産長ひじき」のみ特売にします。商品はこちら


2023年09月01日
・9月の特売情報を更新しました。
スーパーでは入手できない「気仙沼完熟牡蠣ドレッシング」
 野菜サラダやカルパッチョソース代りに鰹のたたきやタコなどの魚介類に! 商品はこちら


2023年08月01日
・8月の特売情報を更新しました。7月に続き夏の感謝祭第2弾「三陸海藻物語」。当店NO.1の売り上げの
 ワカメや昆布の詰め合わせに店主一押しの地元で人気の万能調味液「うま造り」をセット。商品はこちら

・8月のお盆休みのお知らせ
 08/11日〜16日まで休業致します。8/17から通常営業となります。


2023年07月01日
・7月の特売情報を更新しました。
贈答用ページにて掲載の「気仙沼旨いものセット」夏の感謝祭として値引き販売致します。人気の高級海苔やふかひれ姿煮、サンマ缶詰など。贈答で喜ばれる品々です。商品はこちら

2023年06月01日

・6月の特売情報を更新しました。「新物三陸産乾燥すき昆布」
の全形5枚セットを割引価格で販売
 
今年は全形1枚を半切にせず全形の形で販売する為工程を省略して価格を押さえました。 商品はこちら

・臨時休業のお知らせ
 06月24日〜27日(06/25は日曜定休日)は、都合により臨時休業となります。

2023年05月10日
・臨時休業のお知らせ
 05月13日〜16日(05/14日曜定休日)は、都合により臨時休業となります。

2023年05月01日

・5月の特売情報を更新しました。
新緑が美しい季節には、海藻も新物をお届けします。当店で一番人気の
 「新物三陸産塩蔵ワカメと宮城県産新高級海苔」
の贅沢セットです。商品はこちら

2023年04月08日
・ゴールデンウイ―ク休業のご案内
 
4/29〜5/2 は営業(4/30は日曜定休日) 5/3〜5/5 休業となります。

2023年04月01日
・4月の特売情報を更新しました。
この度価格改定した「磯焼ホタテ珍味90g」を在庫限りを条件に旧価格
 にて販売します。4月からの値上げ前にメーカーから仕入れした商品の在庫です。
商品はこちら

5/1から送料が改定されます。東北・関東・信越の同一料金が見直しされて、地域毎に料金が変わります
 当店の送料も5/1から適用となりますのでご了承願います。
新送料はこちら

2023年03月01日
・3月の特売情報を更新しました。
ブームで高級化したサバ缶と不漁が続いている貴重なサンマの缶詰の7缶セットを贈答用箱入れにしました。防災用備蓄品にもなります。 商品はこちら

2/21全国に先駆けワカメの初入札が開催。「令和5年度三陸産塩蔵ワカメ」が入荷しました。商品はこちら

2023年02月01日
・2月の特売情報を更新しました。
昨年12月で完売したワカメの代用というわけにはいきませんが、塩蔵物で
 簡単便利に調理してサラダや味噌汁の具に使用できる「三陸産塩蔵茎ワカメ(細切タイプ)」です。コリコリ感が美味しくドレッシングや生姜醤油がお勧めです。 商品はこちら


・令和5年度の新海苔入札が異常な高騰です。宮城産海苔の生産量の減少と有明産の不作の影響です。
当店も在庫限りで値上がりを予定しております。値上がり後の価格は未定です。早目のご注文をお勧めします。


2023年01月11日

臨時休業のお知らせ
 
1/27〜1/30 の期間は都合により臨時休業となります。1/31からは通常営業です。


2023年01月01日

                   謹 賀 新 年


 冬の風物詩「気嵐」。波の穏やかな気仙沼湾に発生する「気仙沼気嵐」を写真でしか見たことがないので、 気象条件が揃った早朝に商工岸壁に行ってきました。既にカメラをセットして「気嵐」撮影の為に数人が待ち受けていました。ピンク色に染まった雲。小型漁船が外洋に向けて出港。徐々に明けていく空の色。そして、モクモクと海上から沸き立つ「気嵐」。明け方の気仙沼湾の美しい風景が出現。
この感動がエネルギーとなり今年も皆様に活力の源となる「食」の手助けをさせて頂ければと願っております。本年もどうぞ宜しくお願い致します。


新春の特売情報は、
在庫限りの「高級炭火手焼きふりかけ」のセールから始まります。
 
HPで掲載した通り、値上がり高騰で昨年を持ちまして取り扱いを中止したふりかけです。商品はこちら


ご挨拶

              
            
              
気仙沼は景・食・人の魅力がいっぱい詰まった街です。

 
 気仙沼の輝くランキング2023年

1.27年連続「生鮮カツオ」水揚げ日本一   
2.ふるさと納税 80億超え確実 (2022年東北一位)
3.2023年版住みたい田舎 総合部門東北エリア2位


 気仙沼「気嵐」売出し中 
冬の風物詩「気嵐」。波の穏やかな気仙沼湾の地形は発生に向いており、今、観光の目玉として「気仙沼気嵐」見学ツアー売出し中です。大型漁船と気嵐の写真が撮影できるとあって、多くのカメラファンが早朝から待ち構えています。海水温と大気の気温差。雲が少なく太陽がはっきり現れる風が弱い晴れの日。この気象条件が揃った日に海上からモクモクと濃い霧が沸き立ってきます。明け方の美しい気仙沼湾と「気嵐」が幻想的な景色を見せてくれます。この写真はきっと心に残る1枚になることでしょう。 

 
 サンマ船の出船送りは日本の風景
お盆明けの8/17日サンマ漁の大型船は、航海の安全と大漁を願って乗組員の家族をはじめ多くの市民に見送られながら前線基地の北海道に向かった。太鼓や演歌歌手の歌・テープ・福来旗。9艘の大型船が次々と出港していく勇壮な光景に感動を覚えた。それはまさに日本の風景。ここ数年の不漁続きと燃油高騰、ロシア海域の緊迫感など三重苦の試練の年のサンマ漁。船から大きく手を振りながら見送りの人達の期待に応える覚悟で出港していった乗組員。気仙沼港への水揚げ待ってます〜。


 
 NHK朝の連続ドラマ小説「おかえりモネ」効果
2021年5/17から放映された「おかえりモネ」で気仙沼は沸きました。スローテンポで描かれた異色のドラマでしたが、全国の朝ドラファンの心を掴んだ名セリフの数々。美しい大島の風景と栄養をたっぷり蓄えた牡蠣に魅了された人々が、ロケ地巡りで10万人を超えて訪れました。皆様も気仙沼の魅力を探しにおいでください。


  海の遊歩道「浮見堂」再建
大震災で被災した神明崎(しんめいさき)の「浮見堂」が再建されました。浮き橋を延ばした海の遊歩道から漁船が並ぶ気仙沼内湾が望めます。夜にはライトアップされ、赤い「浮見堂」が幻想的な雰囲気で観光客の旅情をそそります。そこには鰹を釣り上げた立像「三代目恵比寿像」があり海と船の安全を見守っています。


  目に見える復興の証が加速しています
被災した旧「向洋高校」校舎は震災遺構として公開されています。3階には津波で流された車がそのままの状態で残されており、4階まで津波が到達した証にレターケースに汚れた跡があります。隣には「伝承館」がオープンし、3.11の津波が襲ってきた市内の様子が映像で流されています。また、避難所となった中学校の卒業式の様子や家族を失い深い悲しみを語っている人達の場面など後世に語り継ぐ場所となっています。県内外から多くの観光客が訪れ、メッセージを残して震災の恐ろしさを心に刻んで帰っていきます。


  日本一のつつじの名所と呼び名の高い徳仙丈山 
 標高711mの山頂から気仙沼の街や湾が一望でき、推定50万株の山つつじで紅色に染まった見事な景観。海だけでなく山の雄大な自然がすぐ身近にあるのも魅力のひとつです。
つつじの満開時には、県内外から多くの人達が見学にきます。見頃をはずさずにぜひお越しください。


「気仙沼の今」をお伝えすることが私の使命と考え、これからも変化していく街の姿や人をHPを通して紹介していきたいと思っております。                    

       震災から、当店を支えて下さっている皆様に感謝の気持ちをこめて
                 
                                                           店主 



                                    

 


海産乾物 カネキ 後藤商店

〒988-0042
宮城県気仙沼市本郷1-18
TEL.0226-22-1913
FAX.0226-23-6523
E-mail:shop@gotokaneki.com