本文へスキップ


電話でのお問い合わせはTEL.0226-22-1913

〒988-0042 宮城県気仙沼市本郷1-18

 新着情報


2023年02月01日
・2月の特売情報を更新しました。
昨年12月で完売したワカメの代用というわけにはいきませんが、塩蔵物で
 簡単便利に調理してサラダや味噌汁の具に使用できる「三陸産塩蔵茎ワカメ(細切タイプ)」です。コリコリ感が美味しくドレッシングや生姜醤油がお勧めです。 商品はこちら


・2023年度の新海苔入札が異常な高騰です。宮城産海苔の生産量の減少と有明産の不作の影響です。
当店も在庫限りで値上がりを予定しております。値上がり後の価格は未定です。早目のご注文をお勧めします。


2023年01月11日

臨時休業のお知らせ
 
1/27〜1/30 の期間は都合により臨時休業となります。1/31からは通常営業です。


2023年01月01日

                   謹 賀 新 年


 冬の風物詩「気嵐」。波の穏やかな気仙沼湾に発生する「気仙沼気嵐」を写真でしか見たことがないので、 気象条件が揃った早朝に商工岸壁に行ってきました。既にカメラをセットして「気嵐」撮影の為に数人が待ち受けていました。ピンク色に染まった雲。小型漁船が外洋に向けて出港。徐々に明けていく空の色。そして、モクモクと海上から沸き立つ「気嵐」。明け方の気仙沼湾の美しい風景が出現。
この感動がエネルギーとなり今年も皆様に活力の源となる「食」の手助けをさせて頂ければと願っております。本年もどうぞ宜しくお願い致します。


新春の特売情報は、
在庫限りの「高級炭火手焼きふりかけ」のセールから始まります。
 
HPで掲載した通り、値上がり高騰で昨年を持ちまして取り扱いを中止したふりかけです。商品はこちら

2022年12月01日

・12月の特売情報を更新しました。
年末年始の贈り物は「ふかひれ三昧と人気缶詰セット」。
 
ふかひれ姿煮や濃縮スープに人気缶詰などを詰め合わせた手軽に召し上がれるセットです。商品はこちら

・年末年始休業のお知らせ
 12/31〜2023年01月03日は年末年始の休業とさせて頂きます。01年04日(水)仕事初め
 

2022年11月01日
・11月の特売情報を更新しました。
お子様から高齢者まで人気の高い「磯焼きホタテ貝」を特売にしました。1個食べたら止まらないほど美味しい珍味です。商品はこちら

・価格改定のお知らせ
 
ふかひれ濃縮スープおよび缶詰類を在庫限定で旧価格販売としておりましたが、11/1より価格改定となりました。水揚げ不振による原料の高騰・円安・工場燃料の上昇などの要因でメーカーの企業努力の範囲を超えた状況が続き価格改定となりましたことご理解お願い申し上げます。


2022年10月01日
・10月の特売情報を更新しました。
 リピーターが多い「寿司海苔50枚取り」X2袋100枚をお買い上げの方に限り特別料金でのご案内です。風味豊かな寿司海苔はきっと気に入って頂けると確信します商品はこちら

・10月臨時休業のお知らせ  10/6(木)〜7(金) , 10/20(木)〜21(金)は都合により休業致します。 


2022年9月01日
・9月の特売情報を更新しました。
送料節約で発送可能な「お試し便!ふかひれ濃縮スープ3種類」を全国に
 同一料金のレターパックでお届けします。
商品はこちら

・9/1よりミヤカンの缶詰およびふかひれ濃縮スープ・ふかひれ茶碗蒸し等の価格が、原材料確保が厳しく  なり仕入れ価格値上げの為、価格改定となります。
 但し、両商品とも在庫が完売するまで当店では価格据え置きにしますのでお早目に入手することをお勧め 致します。

・9月の臨時休業のお知らせ 9/12(月) は都合により臨時休業致します。 


2022年8月01日
・8月の特売情報を更新しました。
今月はお盆セール「新焼海苔」(青チャック)を5帖割引価格よりさらにお安く特売に致します。在庫が無くなり次第終了となります。商品はこちら


2022年07月01日
・7月の特売情報を更新しました。
猛暑のお中元はクール便発送しなくても大丈夫な「気仙沼産お中元セット」
 は如何でしょうか?賞味期限の長い商品を災害備蓄品としても役立つよう詰め合わせしました。商品はこちら

・7月の臨時休業のお知らせ
 7/24〜7/27まで夏休み臨時休業致します。ご注文は早目にお願い致します。

2022年06月01日
・6月の特売情報を更新しました。
新物入荷に伴う在庫処分の「三陸産乾燥すき昆布」の特売です。
 
今季の新物海藻類は品薄の為入札価格が高騰し、すき昆布も同様です。商品はこちら


20222年05月25日
「新物三陸産乾燥煮〆昆布」は、昆布の生育が悪く、生産者から、本日の最終入札会(5/25)にいたるまで
 出品はありませんでした。今季、当店での取り扱いができなくなりましたことご報告致します。
 海水温の高さや雨の養分不足が生育に影響していると思います。自然相手ですのでご理解頂きたくお願い致し
 ます。毎年楽しみにお待ち頂いている顧客の方々がとても大勢ですので、来年こそは販売できることを願って
 おります。予約を早々に入れて頂いてましたお客様には、個別に連絡をしお伝えしました。


2022年05月09日
新物「冷凍おさしみホヤ」の取り扱い始めます。身も厚くなり殻付きホヤと遜色ない美味しさです。
 手間いらずのおさしみホヤは大人気。
商品はこちら


2022年05月01日
・5月の特売情報を更新しました。
人気のかつお節。国内産かつお節を薄く削って、特製たれで味付けした
「花かつおふりかけ」。新玉ねぎ・冷豆腐・おにぎり・お好み焼きなどに便利。商品はこちら


2022年04月01日
・4月の特売情報を更新しました。
4月は新しい環境へ異動の月です。ちょっとした手土産を考えている方向けに
「贈答用高級焼海苔」は如何でしょうか? 海苔の嫌いな方はあまりいないので、厳選された原料で加工した
美味しい海苔であれば喜んで頂けるかと思います。1帖、3帖などご予算に応じて配布も可能。商品はこちら



2022年03月01日
・3月の特売情報を更新しました。
今月は「2021年製造やわらかサンマの缶詰」の入荷に伴う在庫販売のご案内 となります。2021年物はサンマ大不漁の影響で大幅な値上げとなりますので在庫僅かとなりました「2020年
 (賞味期限は2023年)やわらかサンマの醤油煮・味噌煮」のお得価格販売でのご案内です。商品はこちら
 


2022年02月21日
令和4年度の「新ワカメ」「新海苔」が早くも登場!今年度の新ワカメは宮城県一の良質なワカメの産地
 
十三浜産のワカメです。春の新物海藻を味わってみてください。 商品はこちら


2022年02月15日
・「かつおの糸削り」価格改定のお知らせ
 
以前から仕入れ先より価格値上げの通達がきており、この度原料や資材の高騰で現状維持の価格では製造が
 できなくなり価格改定に踏み切ることになりました。ご理解頂きたくお願い申し上げます。商品はこちら

 


2022年02月01日
・2月の特売情報を更新しました。
人気急上昇の「三陸産塩蔵生昆布」はミネラルたっぷりの肉厚昆布。
 
おでんや煮物の具材として♪昆布の佃煮や昆布巻きに♪ 商品はこちら

2022年01月01日
                  
 謹 賀 新 年
 今年の干支は「寅」。気仙沼の郷土芸能に「浪板虎舞」があり、みなと祭りや厄払いの年祝いなど
 いろいろな場面で市民から親しまれています。虎は一日に千里を走ると言われてますが、梯子を
 登っていく虎舞のように当店も一歩一歩確実に2022年も進んでいきます。
 本年もご愛顧の程どうぞよろしくお願い致します。
 

・1月の特売情報を更新しました。
冬の味覚「乾燥松前漬けセット」は小人数向けに松前用乾燥切昆布と
 
切スルメをセットにしました。お正月は数の子を入れて豪華な松前漬けに! 商品はこちら


ご挨拶

              
            
              
気仙沼は景・食・人の魅力がいっぱい詰まった街です。


 気仙沼「気嵐」売出し中 
冬の風物詩「気嵐」。波の穏やかな気仙沼湾の地形は発生に向いており、今、観光の目玉として「気仙沼気嵐」見学ツアー売出し中です。大型漁船と気嵐の写真が撮影できるとあって、多くのカメラファンが早朝から待ち構えています。海水温と大気の気温差。雲が少なく太陽がはっきり現れる風が弱い晴れの日。この気象条件が揃った日に海上からモクモクと濃い霧が沸き立ってきます。明け方の美しい気仙沼湾と「気嵐」が幻想的な景色を見せてくれます。この写真はきっと心に残る1枚になることでしょう。 

 
 サンマ船の出船送りは日本の風景
お盆明けの8/17日サンマ漁の大型船は、航海の安全と大漁を願って乗組員の家族をはじめ多くの市民に見送られながら前線基地の北海道に向かった。太鼓や演歌歌手の歌・テープ・福来旗。9艘の大型船が次々と出港していく勇壮な光景に感動を覚えた。それはまさに日本の風景。ここ数年の不漁続きと燃油高騰、ロシア海域の緊迫感など三重苦の試練の年のサンマ漁。船から大きく手を振りながら見送りの人達の期待に応える覚悟で出港していった乗組員。気仙沼港への水揚げ待ってます〜。


 気仙沼ベイクルーズ遊覧船
観光シーズンに運航している「気仙沼ベイクルーズ遊覧船」に2021年度から大島発コースが新設されました。大島に車で行けるようになった今だから東北最大級の「気仙沼湾横断橋」や「大島大橋」の下をくぐりウミネコに餌付けできる体験は貴重です。ライトアップされた内湾クルーズの写真を掲載しました。気仙沼市場の灯りが暗い静かな海に華やかに煌めいていました。


 NHK朝の連続ドラマ小説「おかえりモネ」効果
2021年5/17から放映された「おかえりモネ」で気仙沼は沸きました。スローテンポで描かれた異色のドラマでしたが、全国の朝ドラファンの心を掴んだ名セリフの数々。美しい大島の風景と栄養をたっぷり蓄えた牡蠣に魅了された人々が、ロケ地巡りで10万人を超えて訪れました。皆様も気仙沼の魅力を探しにおいでください。


 海の遊歩道「浮見堂」再建
大震災で被災した神明崎(しんめいさき)の「浮見堂」が再建されました。浮き橋を延ばした海の遊歩道から漁船が並ぶ気仙沼内湾が望めます。夜にはライトアップされ、赤い「浮見堂」が幻想的な雰囲気で観光客の旅情をそそります。そこには鰹を釣り上げた立像「三代目恵比寿像」があり海と船の安全を見守っています。


気仙沼弁ご当地かるた」が誕生
気仙沼の魅力を発見し、広める市民団体「ば!ば!ば!プロジェクト」が「気仙沼弁ていいね、面白いよね」と観光客からのヒントで作ったかるたです。気仙沼らしい読み札に、絵札で見える形にし、廃れていく言葉を遊びを通して後世に伝え受け継いでいけるのではないかという思いのこもった文化遺産です。
「てんでんこ 津波来っから まず逃げろ!」 


目に見える復興の証が加速しています
被災した旧「向洋高校」校舎は震災遺構として公開されています。3階には津波で流された車がそのままの状態で残されており、4階まで津波が到達した証にレターケースに汚れた跡があります。隣には「伝承館」がオープンし、3.11の津波が襲ってきた市内の様子が映像で流されています。また、避難所となった中学校の卒業式の様子や家族を失い深い悲しみを語っている人達の場面など後世に語り継ぐ場所となっています。県内外から多くの観光客が訪れ、メッセージを残して震災の恐ろしさを心に刻んで帰っていきます。


 日本一のつつじの名所と呼び名の高い徳仙丈山 
 標高711mの山頂から気仙沼の街や湾が一望でき、推定50万株の山つつじで紅色に染まった見事な景観。海だけでなく山の雄大な自然がすぐ身近にあるのも魅力のひとつです。
つつじの満開時には、県内外から多くの人達が見学にきます。見頃をはずさずにぜひお越しください。


「気仙沼の今」をお伝えすることが私の使命と考え、これからも変化していく街の姿や人をHPを通して紹介していきたいと思っております。                    

       震災から、当店を支えて下さっている皆様に感謝の気持ちをこめて
                 
                                                           店主 



                                    

 


海産物問屋 カネキ 後藤商店

〒988-0042
宮城県気仙沼市本郷1-18
TEL.0226-22-1913
FAX.0226-23-6523
E-mail:shop@gotokaneki.com