本文へスキップ


電話でのお問い合わせはTEL.0226-22-1913

〒988-0042 宮城県気仙沼市本郷1-18

 新着情報


2020年01月01日
・明けましておめでとうございます。本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

・1月の特売情報を更新しました。
お年賀は贅沢な「気仙沼ふかひれラーメン」セット。今年はお菓子
 のかわりにめずらしいラーメンでご挨拶。箱入れ・包装いたします。
 商品はこちら

「令和2年度新乾板海苔」の予約受付を開始します。新海苔の入札時期限定の販売となります。販売までには
 少しお時間を頂くことになります。(2月後半の発送予定)
 焼加工する前の火入れした海苔です。ご自身の手で焼く香りと風味を堪能できる海苔です。商品はこちら


2019年12月01日
・12月の特売情報を更新しました。
今年も感謝の気持ちを伝えたい。相手に負担のかからない価格と
 健康志向の簡単便利な贈り物「三陸産カットワカメと上質とろろ昆布」のセット商品。
 商品はこちら
 
年末年始の休業のお知らせ 
 12/30 営業
 12/31〜2020年1/5 休業 1/6から新年の営業スタート 

2019年11月01日
11月の特売情報を更新致しました。10月に新製品として発売された「気仙沼旨味だしの完熟かき醤油」
 
厳選した醤油に鰹だし、昆布だし、椎茸エキスをブレンド。そこに気仙沼完熟牡蠣の旨味が加わった
 だし醤油。お鍋やお刺身のつけタレなど用途は幅広いです。
 商品はこちら

臨時休業のお知らせ
 11/3・4 休業日
 11/5〜11/9は都合により臨時休業とさせて頂きます。11/11から営業致します。

2019年10月01日
10月の特売情報を更新致しました。「災害対策用食品としてふかひれ濃縮スープ 」調理が簡単。
 
賞味期限が長いレトルト食品。保存は常温。常備品として最適。ふかひれおじやなど災害時に重宝します。

 商品はこちら

臨時休業のお知らせ
 11/5〜11/9は都合により臨時休業とさせて頂きます。11/11から営業致します。


2019年09月01日
9月の特売情報を更新致しました。「訳有り三陸産塩蔵ワカメ1Kg入り」。袋詰めから除外された
 極端に短い葉のワカメなどが入っています。
商品はこちら

10/1よりクロネコヤマト送料が変更致します。サイズ別(80-160サイズ料金)の新設定料金となります

ご挨拶

              
            
              
気仙沼は景・食・人の魅力がいっぱい詰まった街です。

 2020年東京オリンピック開催年。宮城コースは気仙沼からスタート
6月20日気仙沼市の最大の災害公営住宅「鹿折南住宅」で幕を開け、商店街が並んでいた内湾地区へ。気仙沼市場を通過して隣の南三陸町さんさん商店街に向かいます。「さんさん商店街」は新国立競技場をデザインした建築家の隈研吾氏が手がけた商店街です。

聖火ランナーに内定している千田健一さん63才(気仙沼市体育協会事務局長)は、1980年モスクワ五輪のフェンシング日本代表に選ばれていましたが、モスクワ大会はボイコットの為幻の日本代表となりました。ロンドン団体銀メダリストの千田健太さんは息子さんです。気仙沼代表にふさわしい聖火ランナーとして力強い走りをみせてくれることでしょう。



気仙沼弁ご当地かるた」が生まれました。気仙沼の魅力を発見し、広める市民団体「ば!ば!ば!プロジェクト」が「気仙沼弁ていいね、面白いよね」と観光客からのヒントで作ったかるたです。気仙沼らしい読み札に、絵札で見える形にし、廃れていく言葉を遊びを通して後世に伝え受け継いでいけるのではないかという思いのこもった文化遺産です。
「てんでんこ 津波来っから まず逃げろ!」 今年は震災から9年目にあたります。


2019年春、市民の長年の悲願であった本土と離島を結ぶ大島大橋が開通しました。
橋には歩道橋があり、風光明美な景色を楽しめるようになっています。
橋の真正面には、政府肝入りの造船事業「みらい造船」の船を陸に引き上げする際の
最新シフトリップが海面につき出ています。視線をあげると、三陸道がいよいよ湾を横断する工事が着々と進んでいます。東北一の気仙沼ベイブリッジが2020年完成予定。
素晴らしい斜張橋が観光の目玉になることと思います。

目に見える復興の証が加速しています。


 被災した旧「向洋高校」校舎は震災遺構として公開されています。3階には津波で流された車がそのままの状態で残されており、4階まで津波が到達した証にレターケースに汚れた跡があります。隣には「伝承館」がオープンし、3.11の津波が襲ってきた市内の様子が映像で流されています。また、避難所となった中学校の卒業式の様子や家族を失い深い悲しみを語っている人達の場面など後世に語り継ぐ場所となっています。県内外から多くの観光客が訪れ、メッセージを残して震災の恐ろしさを心に刻んで帰っていきます。


 日本一のつつじの名所と呼び名の高い徳仙丈山。  標高711mの山頂から気仙沼の街や湾が一望でき、推定50万株の山つつじで紅色に染まった見事な景観。海だけでなく山の雄大な自然がすぐ身近にあるのも魅力のひとつです。
つつじの満開時には、県内外から多くの人達が見学にきます。見頃をはずさずにぜひお越しください。


「気仙沼の今」をお伝えすることが私の使命と考え、これからも変化していく街の姿や人をHPを通して紹介していきたいと思っております。                    

       震災から、当店を支えて下さっている皆様に感謝の気持ちをこめて
                 
                                                           店主 



                                    

 


海産物問屋 カネキ 後藤商店

〒988-0042
宮城県気仙沼市本郷1-18
TEL.0226-22-1913
FAX.0226-23-6523
E-mail:shop@gotokaneki.com